全員の意見が通る旅行

日本語が話されるのは日本のみです。

全員の意見が通る旅行

海外旅行のツアーで添乗員がつかない場合

日本語が話されるのは日本のみです。ですから一歩日本を出れば日本語は通じません。そう考えている人もいるでしょう。しかし海外でも日本語がそれなりに通じるところがあります。まずは韓国があります。日本人観光客が多いこともあって、大きなお店ではちょっとした日本語で対応してくれます。そのほかハワイも日本語の対応をしてくれるところがあります。本来なら韓国語や英語が話せないと行動ができませんが、何とか楽しむことができます。

海外旅行のツアーに参加するとき衝撃的な言葉が記載されていることがあります。それは添乗員が付かないとなっています。これはどういうことかです。添乗員が付かなければ自分達で現地で観光をしなければいけません。韓国やハワイでも日本語が通じるのは一部です。基本的には通じません添乗員が付かなくてもあるひとが付きます。

それは現地の係員が付くとあります。どういった人かはそれぞれで異なりますが、日本人の現地駐在員が付くこともあれば、現地の人で日本語が話せる人が付くこともあります。どちらにしても日本語で対応してくれるので困ることはありません。現地の空港で初めて会うことになるので、空港でその人を探さなければいけません。

Copyright (C)2017全員の意見が通る旅行.All rights reserved.